リスティング広告とは?

リスティング広告が注目されてきた3つの背景

リスティング広告とは、YAHOO JAPAN!の運営するOverture(以下オーバーチュア)と呼ばれるサービス、Googleの運営するAdwords(以下アドワーズ)と呼ばれるサービスに代表される、検索エンジンにキーワード広告を出すことを総称してい言います。

リスティング広告が注目されてきた背景には下記の3つの背景があります。

1) 検索エンジン利用者の増加

2) SEOの限界とその補完

3) キーワードの出稿単価が安く、予算管理しやすい

1.検索エンジン利用者が増加してきた

2008年時点でのインターネットユーザーは9,000万人にものぼり、そのうちの93.1%が検索エンジンを利用していることを考えれば、検索エンジンの検索結果のページに広告を掲載できるのは大きなメリットと言えます。

2.SEOの限界とその補完

SEOは一つのキーワードに絞る必要がある(複数のキーワードでの上位表示を狙う場合には、SEO会社に相応の費用を払う必要があります。)一方、リスティング広告では、思いつく限り好きなキーワードでの検索結果画面に広告を表示させることができるため、幅広いキーワードでのアクセスに繋げることができます。

3.キーワードの出稿単価が安く、予算管理しやすい

・ 場合によっては1クリックあたり最低1円から入札できる

・ 1日あたりの予算額を設定できる

・ 入札単価を調整できる

・ 地域ターゲティングができる

 

  

ページのトップに戻る

 

<関連ページ>

1.リスティング広告とは?

2.リスティング広告の仕組みへ

3.オーバーチュアとアドワーズへ

4.用語の解説へ

 

ページのトップに戻る